日本給水党活動日誌

日々の記録

会える人には会えるうちに、行けるお店には行けるうちに

6月20日土曜日。
朝5時前に目覚めてしまった。
もう眠れる気がせず、仕方なくツイッターを見ていたらこんな告知が。

 ドイツのベルリンとブランデンブルクの給水塔をまとめた本!
迷わず予約のDMを送信した。
しかしなぜ早朝5時に告知を……と思ったけど、ドイツとは時差が7時間あって向こうはまだ夜の22時なのだった。

 朝食を食べ、ちょっとスズメを撮影して、荷物をまとめて9時半ごろ出発。
朝からドム連メンバー勢揃いで和歌山のドムドム海南店へ行くと約束していた日。
政府が都道府県をまたぐ移動の自粛を解除したことに合わせて急遽決めたわけではなく、メンバーそれぞれ予定があるのでかなり以前から予めこの日に行くことにしていたのだけど、結果的にはいいタイミングになったのかもしれない。

f:id:wtuc:20200621091701j:plain

店構えは変わらず、お店の方も変わらずお元気そうだった。
近所の人が来てくれたりしてコロナの影響はあまりなかったらしく一安心。
ただしレジ周りにビニールカーテンを設置するなど、対策はしっかりされていた。

友人らとしゃべりながらお気に入りのお店で過ごす時間。
今までも大切だと思ってきたけど、今日は特に実感した。
会える人には会えるうちに会い、行けるお店には行けるうちに行きたい。

watertower.hatenablog.jp

このブログには初めて海南店に行った日の記事も残っているけど、7年後同じお店でこういう時間を過ごすことになるとは、いろんな意味で想像もつかなかった。

f:id:wtuc:20200621093420j:plain

変わったことといえばもう一つ。
ドムドム海南店のすぐ近くに新しい図書館が今月から開館し、お店の方にも勧められたので行ってきた。
明るく開放的で、図書館以外にホールや会議室、子育て支援機能、カフェなどいろいろなものが集約された施設。
開館間もないこともあり、書架には余裕があってまだまだ蔵書を増やせる余裕を感じた。
この辺はすごく感覚的なところだから根拠はないけど、書架に並ぶ本も適当に選んだのではなく、本が好きな人がしっかり選んでいる印象を受けた。

www.facebook.com

公式Facebookに建替え前の児童図書館の姿がアップされていて、おそらくこの児童図書館に愛着のあった人もたくさんいたのは想像に難くないけど、新しい図書館もまたそんな愛着のわく施設になればいいなと思う。
個人的には海南に行く楽しみが一つ増えた。

夕方帰宅し、夜は別世界BARの生配信を見る。
さすがに早起きしすぎたので配信終了とともに眠りに落ちた。