読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本給水党はてな支部

日本給水党党首の日々の記録

堀止専門店街

前回の記事「洋菓子のエトワール(和歌山県)」ではシューアイスの話をメインに書きましたが、今回はそのエトワールが入っている建物についてもう少し詳しく。

まずは正面左側から。 左側面には、正面(店舗側)を横に貫く金属は回り込んでいません。

この部分は増築ですかね。

この真横に伸びた金属部分。 かっこいいのは確かですが、飾りなのかそれとも補強などの意味があるのか。 2・3階の窓に被さっていて住むには邪魔な気もするけど、最初からあったのか後付けなのか。 2階の窓の割付けパターンが場所によって異なるのはなぜか。 いろいろ気になります。

そしてこちらが通りの反対側。 片廊下の住棟になっていて、ダストシュートのようなものも見えます。

このガレージもなかなか味わい深い。

とても団地然とした外観、いかにも公的な団体が建てたものが民間に譲渡されたような気がしてならないのですが、今のところどこが建てたのかは調べきれていません。