読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本給水党はてな支部

日本給水党党首の日々の記録

京都工業会館

$日本給水党アメブロ細胞

所在地:京都市右京区西京極豆田町2番地
竣工年:昭和43年(1968年)
設計者:不明
晴天に恵まれた3連休の初日、日本給水党党首の務めとして当然給水塔巡りに出かけました。 で、阪急西京極駅から歩いて団地に向かう途中、偶然目に入ったのがこの建物。 京都工業会館。

$日本給水党アメブロ細胞

こんな魅力的な物をみつけてしまったら、寄り道せざるをえないでしょう。

$日本給水党アメブロ細胞

まず目に入るのが、手前の出っ張った部分。 大きい箱に小さい箱がくっついているような形。

$日本給水党アメブロ細胞

手前の“小さい箱”は2階建に見えますが、実はその下にもう1フロアあります。 3階建、というか2階建+地下1階という感じでしょうか。 上手く撮れずに申し訳ない。 この建物を発見した興奮で、冷静に撮影できませんでしたw

$日本給水党アメブロ細胞

妻側の壁が少し飛び出してます。

$日本給水党アメブロ細胞

妻側上部には窓が無く、一面タイルで覆われた文字通りの壁。

$日本給水党アメブロ細胞

$日本給水党アメブロ細胞

$日本給水党アメブロ細胞

文字3連発。 フォントには詳しくないのですが(ついでに建築も詳しくないですが)、この時代の文字が大好きです。 普通の明朝体に似てるけどちょっと違いますよねえ。 なんていう名前なんだろう。

$日本給水党アメブロ細胞

こちらは裏側(北側)。 公園が隣接していて少年野球の練習をやっていたのですが、コーチがもの凄い声で怒鳴り散らしてましたw 10分くらいの撮影中に通りかかった人全員が振り返って顔をしかめるレベル。 一生懸命なのは判るけど、子供が野球嫌いにならなければ良いのですが…。 余計なお世話かもしれませんが。

$日本給水党アメブロ細胞

定礎板によれば竣工は昭和43年5月。

$日本給水党アメブロ細胞

ネットで調べても他にこの建物を紹介しているサイトはなく、設計者は分かりませんでした。 (京都工業会の公式サイトはありましたが、設計者等の記載は無し) なお、建替え計画があるようなので気になる方はお早めにどうぞ。

http://www.nta.go.jp/osaka/shiraberu/bunshokaito/hojin/080822-2.htm