読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本給水党はてな支部

日本給水党党首の日々の記録

丹平ビルお別れ会

BMC(ビルマニアカフェ)さん主催の丹平ビルお別れ会に参加してきました。 http://bldg-mania.blogspot.com/2011/09/919.html 薬の卸業を営む丹平中田の本社ビルとして、昭和34年に建てられた丹平ビル。 製薬業界再編の流れでこのビルが売却されることになり、企画されたのがこのお別れ会。

$日本給水党アメブロ細胞

話には聞いていましたが実に渋くてかっこいいビル! はい、恥ずかしながら初めて今回初めて訪れました。 団地だけで手一杯で、その他の建築まではなかなか足が向かず…

$日本給水党アメブロ細胞

外観の特徴はいろいろありますが、一番目立つのはこのガラスブロック+企業ロゴでしょう。 実に堂々とした構え。東映とか東宝とかの映画のオープニングに出てくるロゴを連想しました。

$日本給水党アメブロ細胞

丹平ビルと丹平中田の歴史、会長さんや元社員の方が語られるエピソードなどなど、興味の尽きない内容でした。 こんな素敵なビルが無くなってしまうのは惜しいけれど、こうやって華々しく「お別れ会」で送り出されるこのビルは幸せだなあと思った次第。 何の注意も払われず、記録されることもなく消えていく建物がいかに多いことか。 まして給水塔なんて言わずもがな! だから細々と党活動をしている訳ですが。 こういう試みが当たり前になったら良いなと思います。

$日本給水党アメブロ細胞

写真撮影の時間があったので遠慮なくバンバン撮らせていただきましたw ここはお別れ会が催された最上階の会議室。 ずらりと並ぶ柱の雰囲気など、まるで教会のよう。

$日本給水党アメブロ細胞

演台後ろの、屏風のようなコンクリート壁。 昔は型枠に木を用いたのでコンクリートにこのように木目が付いたのだそう。

$日本給水党アメブロ細胞

窓外の風景。

$日本給水党アメブロ細胞

いかにも昭和な1階ロビー。

日本給水党アメブロ細胞

正面のロゴ以外にもガラスブロックが多用されていました。

$日本給水党アメブロ細胞

何十年も磨き上げられたであろう床のタイル。

日本給水党アメブロ細胞

日本給水党アメブロ細胞

日本給水党アメブロ細胞

日本給水党アメブロ細胞

日本給水党アメブロ細胞

この時代のビルはまだエレベーターが無いことが多く、その分メインの動線となる階段が凝ってます。

$日本給水党アメブロ細胞

踊り場の壁にこんな贅沢に木材を使うことは現在ではあまり無いでしょう。

日本給水党アメブロ細胞

屋上に設けられた稲荷神社。理由はわかりませんが途中で場所が変わったそうです。

日本給水党アメブロ細胞

屋上で談笑される丹平OBの方々。

$日本給水党アメブロ細胞