日本給水党はてな支部

日本給水党党首の日々の記録

軍艦島~新婚旅行6日目~

6日目はこの新婚旅行のメインイベントの一つ、軍艦島クルーズへ! クルーズはいくつかの会社が行っていますが、今回はその中でも大手と思われるやまさ海運さんのクルーズに参加しました。

http://www.gunkan-jima.net/

$日本給水党アメブロ細胞

定員221名のクルーザー「マルベージャ3」に乗船し、いざ出発!

$日本給水党アメブロ細胞

参加者はこの見学者証をぶらさげて見学します。

$日本給水党アメブロ細胞

ドルフィン桟橋から上陸! あいにく快晴とはいきませんでしたが、天候によっては上陸はおろか船の運航すら中止になることもあるそうで、無事上陸できホッとしました。

$日本給水党アメブロ細胞

平日の午前中でしたが、参加者は若い人が多かったです。 多くの大学はまだ夏休み中だったと思われるので大学生が中心かな?

$日本給水党アメブロ細胞

上陸するとすぐ見える、精炭運搬用ベルトコンベアの支柱(写真手前)と端島小中学校校舎(写真奥)。

$日本給水党アメブロ細胞

$日本給水党アメブロ細胞

総合事務所と赤レンガの倉庫跡。

$日本給水党アメブロ細胞

$日本給水党アメブロ細胞

軍艦島には残念ながら給水塔はありませんが、島の最も高い場所にこの貯水タンクが設置されています。 島内には河川がなく湧水も乏しかったため、船で真水を運んできてこの貯水タンクに貯めていたそうです。 なおタンクの横にある白い塔は給水塔ではなく、灯台です。念のため。 国土交通省-肥前端島

http://www6.kaiho.mlit.go.jp/nagasaki/kourohyoushiki/hashima/hashima.htm

 

 

$日本給水党アメブロ細胞

$日本給水党アメブロ細胞

プール跡。

$日本給水党アメブロ細胞

見学コースは基本的に島の東半分にある炭鉱施設群に沿っており、西半分にある住棟群には近寄れません。 しかし、第3見学広場からはこのように鉱員アパート30号棟がしっかりと見えます。 この30号棟こそ、1916(大正5)年に建てられた日本初の鉄筋コンクリート造アパート。 これがしっかりと見られただけでももう満足というものです。

$日本給水党アメブロ細胞

$日本給水党アメブロ細胞

島内での見学を満喫し、帰りの船へ。

$日本給水党アメブロ細胞

さよーならー

ただし船はまっすぐ港に帰るわけではなく、島の周囲をぐるりと一周してくれました。 むしろここからの方がたくさん写真を撮ってしまいましたw

$日本給水党アメブロ細胞

島の東側から。まさに軍艦!

$日本給水党アメブロ細胞

今度は西側から。

$日本給水党アメブロ細胞

建物の密集具合がよく分かる。

$日本給水党アメブロ細胞

$日本給水党アメブロ細胞

$日本給水党アメブロ細胞

中央からやや左に見える三角屋根のものは端島神社の祠。

$日本給水党アメブロ細胞

$日本給水党アメブロ細胞

今度こそ、さよーならー